教育には、バランスの取れたしつけが大切の理由

過去に体罰を行う事は良く無い教育としての社会現象がありました。現在の教育には、しつけその物を行う事にためらいを持つ教師が増えています。私達の体は、痛みを知る事によって、その行動に対して抑制力が働く心理作用があります。体罰はよくありませんが、ある程度のしつけは、人が大人になる過程において重要な働きを養う事も可能なのです。しつけを全く行わない教育は、子供が大人になって、様々な内容に耐えられなくなってしまいます。犯罪に対する抑制力も弱く、些細な事によって犯罪を引き起こしてしまう可能性もあります。この様な内容の原因は、親の育て方に原因を求める方々もいますが、社会がその様な風潮を作り出した原因もあるのです。この様な心理的な作用は、目に見えないため一般の方々が持ちあわせにくい内容です。この様な考えを広げて行く事によって、健全な社会を作り上げて行く事も可能なのです。他人事では無く、若い人達が大人へと成長をして、自身に影響を与える事に対する考えを持つ事も大切です。