しつけは教育よりも大事である

現在、多くの親がしつけと教育を混同してします。2つには違いがあるので、それをしっかり理解することが重要です。しつけは日常生活や社会生活を送る上で身につけておかなければいけないルールやマナーになります。挨拶や交通ルール、食事のマナーなどを挙げることができます。もちろん、友達に怪我をさせない等も含まれています。人として最低限身につけておかなければいけないことを言います。一方で教育は社会人になるために、そのあとに活躍していくために必要な能力を教えることになります。国語や数学、英語などの勉強や資格を取得する、特別な技術を身に付けるなどがあります。この2つのどちらが大事かというと、間違いなくしつけになります。勉強はできなくても活躍している人は多くいます。しかし、社会のルールを守れない人は普通に生活していくことが難しいです。教育よりも大事なので、親はしっかり教えていかなければいけないことを認識するべきです。